クラス内容

対象者
:主に大学生など

 

TOEICのスコアはそこそ取れるけれども、いざネイティブを前に英語で話すとなるとちょっと自信がない。そんな経験はありませんか?

2016年より出題形式が変わり、新しくなったTOEIC。新しいTOEICでは実用表現を含む、より「実践的な英語力」が重視されています。

TOEIC口語表現実践コースの目的

2016年5月、TOEICテストの出題形式の変更が発表されました。これまではTOEICで高得点を取得できても実際に英語を話すことの出来ない人が多く、得点が実際のコミュニケーションスキルを反映していないとの批判の声が一部上げられていました。

この状況に対応するため、2016年の改定ではより多くの実践的な口語表現がテストに含まれるようになりました。TOEICテストを運営するETSは「導入される新しい出題形式には、日々変化する英語の使い方、そして世界における、日常やビジネスでの英語によりコミュニケーション方法が反映されます。」と発表しています。

このカリキュラムの目的は、TOEICのスコアアップではなく、点数を取れても話すことが出来ないそんな方々のため、改定されたTOEICで出題されるような口語表現を実際のビジネスシチュエーションを用いたダイアログ(対話)形式で学んでいきます。

実践的な英語の習得、それがTOEIC口語表現実践コースです。

無料テキスト&スケジュール

TOEIC英語実践コースで使うテキストはこちらから無料でダウンロードできます。スケジュールは各教室により異なります。詳細は各教室までお問合せください。

TOEICコース

無料テキストはこちらから

ダウンロードする

こんな方にオススメ

  • TOEICのスコアはそこそこ取れるが、実際の英会話が苦手
  • ネイティブが使うフランクな英語を学びたい
  • 即戦力になるビジネス英会話を習得したい

生徒さんの感想

教科書では学べない生の英語に触れることができて、とても勉強になっています。
Sさん