コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~under the weather~

日本人が知っておくと便利な英語表現~under the weather~

2023-06-16 | 英会話のコツ

リキ
リキ
出かける準備はできた?
Yeah, but I’m feeling a bit under the weather.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
うん?天気はいいけど、元気なさげだな・・・

Under the weather

under the weatherは直訳すると「天気の下」ですが、実際には「気分がすぐれない」ということを伝える表現になります。航海中の船乗りが、under the weather(過酷な天候)が原因で体調を崩したことから生まれた表現のようです。少し風邪気味だったり、気持ちが少し落ち込んでいるような場合にも使います。直接的ではなく、「ちょっと体調が優れない」・・・のようなニュアンスで使いたい時にピッタリの言い方になります。

A: Oh, Kate’s not with you?
(あれ?ケイトは一緒じゃないの?)

B: I invited her, but she’s feeling a bit under the weather.
(誘ったけど、体調が悪いみたいで)

Come rain or shine

もうひとつ、天気にまつわるフレーズを合わせてご紹介します。come rain or shineは、「天候や状況に関係なく、〜する」というときに使います。例えば、The picnic event will take place, come rain or shine.(天候に関係なくピクニック会は開催します)のように、どんな天候でも行事が行われますと、という意味で使います。これが転じて、困難や逆境にもかかわらず、目的を達成するぞという強い気持ちを強調する際にも使用されます。

A: You shouldn’t overdo it if you’re not feeling well.
(体調悪いなら、無理しないほうがいいよ)
B: I will go to the concert, come rain or shine!
(何があろうと、コンサートには行く!)

To ”feel under the weather” means you don’t feel well.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
ああ、そうなんだ。大丈夫?少し休んだほうがいいよ。
You’re right, I will. Thank you.
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日常英会話で使える表現~マイルドな否定の表現~

そんなときに役立つのが、I’m not so sure. / I’m not sure about that. というフレーズです。

be sure は「確信がある、自信がある」という意味。直訳は「そんなに確信が持てない/そのことについては自信がない」です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~スポーツ場面での頻出フレーズ~

今回は、試合中や実況中継など、スポーツ場面でよく耳にするフレーズをご紹介します。野球やバスケット、サッカーなど、スポーツのルールはさまざまですが、実は試合や解説時などに使う表現には共通するものが多くあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Not on your life~

相手の提案や依頼を強く否定したり、拒絶するとき、英語では Not on your life. というフレーズを使います。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Give it a shot~

リキが思った通り、shotは「発砲」「発射」などという意味ですが、実は「試み」という意味もあります。なので、give a shotで「試しにやってみる」「挑戦してみる」などという意味として使われています。躊躇している相手に「試してごらんよ」と背中を押すようなひと言になります。shotの代わりにtryでもOKです。また、Give it your best shot.「精一杯やってみなよ」のようにbest を入れるとさらに強調された言い方になります。

「~したい気分」って英語でどう言うの?~役立つ日常英会話~

気分」は英語でmoodといい、in the mood forで「~したい気分だ、~を食べたい気分だ」という意味になります。

つまり、I’m in the mood for pizza.で「私はピザが食べたい気分だ」と表現できます。