コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~as clear as mud~

日本人が知っておくと便利な英語表現~as clear as mud~

2022-01-11 | 英会話のコツ

Are you having a hard time fixing the machine?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
う〜ん、マニュアルを見ているんだけど…
Wow, that manual is as clear as mud to me.
宣教師
宣教師

as clear as mud

mud は「泥」を表す名詞です。as clear as mud を直訳すると、「泥と同じくらい明瞭な」となります。

しかし、泥は透き通っておらず、濁ったもの。このフレーズは、実はユーモアを利かせた口語表現で、

明快さが泥と同じ程度、つまり「不明瞭でさっぱりわからない」というニュアンスなのです。

not easy to understand「理解しにくい」と同じような意味で、

何かの説明がちんぷんかんぷんだったときなどに使えるイディオムです。

Do you know what we’re supposed to do? The boss’s explanation about the project was as clear as mud.
(私たちは何をしたらいいの? プロジェクトについての上司の説明は訳がわからなかったよ)

The politician avoided directly answering the question by giving a statement that was as clear as mud.
(その政治家ははっきりしない声明を出すことによって、質問への直接の回答を避けた)

類似の英語表現

「さっぱりわからない」という意味を伝える英語表現はほかにもあります。

「〜の向こうに」を表す前置詞 beyond を使って A is beyond me. と言えば、

「Aは私の理解を超えている、Aは難しすぎて私にはわからない」という意味になります。

これは主にカジュアルな会話で用いられるイディオムです。

I can understand simple articles, but reading a whole newspaper in English is beyond me.
(簡単な記事なら理解できるのですが、英字新聞を全部読むのは私には難しすぎます)

また、make no sense は「意味が不明瞭だ」ということなので、「訳がわからない」という気持ちを表したいときに

便利な表現です。

Who wrote these instructions? They make no sense whatsoever.
(この指示を書いたのは誰? まったく訳がわからない)

* whatsoever は「少しも」という意味で、否定を表す語とともに使います。

さらに、ちょっとレベルの高い単語ですが、incomprehensible (不可解な) という形容詞もあります。

反意語の comprehensible が「理解できる、理解しやすい」なので、

それを否定した incomprehensible は「理解できない、理解しにくい」という意味を表します。

Discussions about economics are completely incomprehensible to me.
(経済学の議論は私にはまったく理解不能です)

いずれの表現も as clear as mud と同じように、difficult to understand の意味を持っています。

ユキ
ユキ
そうか、このマニュアルはちんぷんかんぷん、ってことなのね。
“As clear as mud” means “not clear at all.”
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
ほんと、もっとわかりやすく書いてほしいよね〜

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~Why the long face?~

唐突に「どうして長い顔なの?」とぶしつけな質問をしているわけではありません。long face を直訳すると「長い顔」ですが、実は「浮かない顔つき」の意味があります。Why the long face? は、悲しそうに見える相手を心配して、「浮かない顔をして、どうしたの?」とたずねる定型表現です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~figureを使った表現~

イディオム good with figures の figure とは、フィギュアスケート(figure skating)や人形のフィギュアのことではなく、「数字」を表します。つまり、number と一緒です。good with … は「〜に巧みな」という意味ですので、あとに figures を続けると、「数字に強い、計算が得意だ」となります。逆に「数字に弱い」なら bad with figures と表現できます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「すぐに思いつかない」表現~

人の名前などがパッと出てこないようなときは、not off the top of my head (すぐに思いつかない) という表現が使えます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~next toの使い方~

next to というフレーズは「〜のとなりに」という意味で知られています。たとえば There is a small house next to the building.(その建物のとなりに小さな家がある)のような使い方ができます。しかし、そうした「位置」について述べる以外の用法もあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~dayのイディオム~

英語には「day」を使った慣用表現がいろいろあります。たとえば Today is your day. なら「今日はついてるね」と、相手にとってラッキーだということを伝えられますし、It’s not my day. なら「何だかついてないな」と、自分の運がよくないという考えを表せます。以下、3つのイディオムを紹介しましょう。