コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~Just between you and me.~

日本人が知っておくと便利な英語表現~Just between you and me.~

2022-08-22 | 英会話のコツ

リキ
リキ
マリアはマイクのことが好きなのかな?
Just between you and me, I think Mike likes her back.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
え?僕たちの間?ってどういうこと・・・?

Just between you and me.

Just between you and me. は直訳だと「わたしとあなたの間だけ」という意味ですが、

「ここだけの話」「内緒だよ」というニュアンスで、話し相手以外には教えたくない話をするときの言い回しになります。

内緒の事実や、他の人には言いづらい考えなどを伝えるときに使います。

例文のように、話をする前やあとに使って、念を押すようなイメージです。

you and me の代わりに us を使ってもOKです。

A: Just between you and me, I’m thinking about quitting my job.
(ここだけの話、私会社辞めようと思っているんだ)

B: I’ll be sad to see you go, but I wish you all the best for the future.
(寂しくなるけど、今後の成功を願っているわ)

off the record

record には「記録する」という意味があり、go on record で「公表する」という意味になります。

反対に「内緒にする」はnot on the record もしくは「オフレコ」でおなじみのoff the record を使って表現します。

本来は機密情報や非公開の話を指しますが、日常会話でも「内緒ね」のようなニュアンスで使われます。

A: Wow! Noel and Martha are getting married next year!
(わぁ!ノエルとマーサは来年結婚するのね!)

B: That’s right, but they haven’t told anyone yet, so it’s off the record.
(ええ、でもまだ誰にも言ってないから内緒ね)

A: How was your interview with the politician?
(政治家への取材はどうだった?)

B: It was good, but most of what he said was off the record so I can’t report it.
(うまくいったんだけど、話のほとんどがオフレコで公表できないわ)

“Just between you and me” means that you should keep something a secret.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
なるほどね、もちろん誰にも言わないよ!
Thanks! I think they’d make a good couple.
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~just in case 「念の為」~

just in case は「念の為」「万が一に備えて」という意味で、何か好ましくないことが起こるといけないので、用心して〜しておこう、という時に使うフレーズになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~a silver spoon~

一見「銀のスプーンをくわえて生まれる」のような意味に思えますが、これは実は生まれながらにしてお金持ち、裕福な家庭に生まれる、という意味で使われるフレーズです。silver spoon には「銀のスプーン」以外にも「富」という意味があり、まさに財産の象徴となる言葉になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~have a ball~

ball は「球」「ボール」以外にも「楽しい時間」という意味があります。なので、Did you have a ball? は、パーティやデートなどの楽しげなイベントごとに関して、相手が楽しんだかどうかを尋ねるフレーズになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~just around the corner~

corner は「角」などで、around the corner で「角を曲がったところに」という意味になります。道案内などで just around the corner といえば、「角を曲がればすぐ」もしくは「すぐそこ」と言うニュアンスで使われます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Let it slide~

slideは動詞で「滑る」「滑らせる」などという意味で、Let it slide.で「それを滑らせちゃおう」→「受け流そう」→「忘れてしまおう」のようなニュアンスで使われています。