コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~figureを使った表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~figureを使った表現~

2021-12-27 | 英会話のコツ

Yuki, are you good with figures?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
えっ、フィギュア?
I have some calculations I’d like you to check for me.
宣教師
宣教師

good with figures

イディオム good with figures の figure とは、フィギュアスケート(figure skating)や人形のフィギュアのことではなく、

「数字」を表します。つまり、number と一緒です。good with … は「〜に巧みな」という意味ですので、

あとに figures を続けると、「数字に強い、計算が得意だ」となります。

逆に「数字に弱い」なら bad with figures と表現できます。

figure を用いた表現

(1)

名詞 figure はさまざまな「数値」を表します。unemployment figures は「失業者数」、sales figures は「売上高」です。

「価格」の意味もあり、put a figure on … で「〜の正確な値段を言う」となります。

A: How much is that gold necklace worth?
(そのゴールドのネックレスはどれくらいの価値ですか?)

B: It belonged to my grandmother, so it’s priceless to me. I could never put a figure on it.
(祖母の形見なので、私にはかけがえのないものです。値段はつけられません)

(2)

figure は「計算する」などの意味で動詞としても使えます。

figure out は「計算して答えを出す」や「理解する」という意味の句動詞です。

A: What’s the matter? You look troubled.
(どうしましたか? 困っているようですが)

B: I’m trying to figure out my monthly budget.
(月々の予算を立てようとしているんですよ)

(3)

もともとの語義は「形」なので、figure には「人の姿」の意味もあります。

次のように人の見かけを表して「スタイル、プロポーション」のニュアンスでも使われます。

It’s been difficult to keep my figure after spending so much time at home over the past two years.
(この2年間は在宅で過ごすことがあまりに多く、体型を保つのが難しくなった)

また、「〜な人」を表すこともでき、たとえば a figure of fun なら「面白い人物、物笑いのたね」です。

I’m trying to be more serious, but everyone just treats me as a figure of fun.
(もっと真面目でいたいのだけど、みんな私を面白い人としか見なしてくれない)

ユキ
ユキ
計算が得意かという質問だったのね!
Yes! “Good with figures” means “excellent with numbers.”
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
ごめん、私は数字が苦手なの…

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~brokeってどんな意味?~

brokeは「壊れる、割れる」という意味の動詞breakの過去形です。そのため、She’s broke. と聞くと「彼女は壊れた、彼女は割れた」という意味がぱっと思い浮かぶかもしれません。でもこのbrokeはbreakの過去形ではなく、形容詞のbrokeで「無一文で、金欠の」という意味です。つまり、She’s broke, so she can’t pay her rent. は「彼女は無一文だから、家賃を払うことができない」ということです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「call」を使った表現~

It’s your call. と言われても、「あなたの電話が鳴っていますよ」と教えてくれているわけではありません。たしかに call には「電話の呼び出し」の意味がありますが、この場合は「判断、決定」を表し、「それはあなたが判断することです」「君が決めていいよ」と、相手に選択を委ねる発言になります。

日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

スモールトークが役立つのは日常生活だけではありません。

ビジネスシーンにおいても、いきなり本題に入るのではなく、他愛ない世間話をしてから話し合いを始めるケースがほとんどです。

日本人のための基礎英語表現~時制で異なる微妙なニュアンス~

時制で異なる微妙なニュアンス
あなたは、ふたりの友人を食事に誘いました。すると、
A君からは、I just finished writing a report. という返事が、
B君からは、I’ve just finished writing a report. という返事が返ってきました。
あなたの誘いにのってきたのは、A君でしょうか、それともB君でしょうか?

日本人が知っておくと便利な英語表現~as clear as mud~

mud は「泥」を表す名詞です。as clear as mud を直訳すると、「泥と同じくらい明瞭な」となります。しかし、泥は透き通っておらず、濁ったもの。このフレーズは、実はユーモアを利かせた口語表現で、明快さが泥と同じ程度、つまり「不明瞭でさっぱりわからない」というニュアンスなのです。