コラム

HOME » 日常英会話で使える表現~マイルドな否定の表現~

日常英会話で使える表現~マイルドな否定の表現~

2019-06-24 | 英会話のコツ

Oh, hi Riki!
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Hi Elder! Can I ask you a question? 相手の意見をやんわり否定するときに使えるフレーズを教えてくれない?
That’s a good question! Let me try to explain it to you.
宣教師
宣教師

マイルドな否定の表現~I’m not so sure. / I’m not sure about that. ~

リキは同僚のジョンと、自分たちが関わっているプロジェクトの話をしていました。

会話の中でジョンが、The deadline for the project is Tuesday.(プロジェクトの締め切りは火曜日だ)と言ったのですが、実際の締め切りは月曜日。

はっきりと間違いを正さなければ、と思ったリキは、You’re wrong. It’s Monday. と伝えました。

すると、この言葉を聞いたジョンはちょっとムッとした様子。一体何がいけなかったのでしょうか。

You’re wrong. というフレーズは、きっぱりと「あなたは間違っている」と伝える表現です。

かなり直接的で、ぶしつけな印象を与えます。

相手の発言が正しくないとき、または相手の意見に賛成しかねるときは「それは間違いだ」と強く否定するのではなく、

英語でもマイルドな表現を心がけましょう。日本語の会話でも、

相手に同意しかねるときは「そうかなぁ」「それはどうだろうね」とワンクッション置いてから自分の意見を伝えたりしますよね。

英語もそれと同じです。

そんなときに役立つのが、I’m not so sure. / I’m not sure about that. というフレーズです。

be sure は「確信がある、自信がある」という意味。直訳は「そんなに確信が持てない/そのことについては自信がない」です。

リキもI’m not so sure. I heard it’s due on Monday. (どうかなぁ。月曜日が締め切りって聞いたけど)のように言えば、

ジョンに不快な思いをさせずに済んだはずです。日常会話でもビジネスシーンでも役立つ表現なので、ぜひ覚えておきましょう。

会話例をCHECK!!

A: I heard Kim likes Ben.

(キムはベンのことを好きなんだって。)

B: I’m not so sure about that. She told me she hates him.

(それはどうかなぁ。彼女は彼のこと嫌いって言ってたよ。)

A: Everyone thinks Nancy will get the promotion.

(みんなナンシーが昇進するって思っているよ。)

B: Well, I’m not so sure…

(うーん、どうだろうね…)

Does that make sense?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
It does! You’re wrong. はかなり失礼な言い方なんだね。言葉選びには気を付けないと。またわからないことがあったら教えてね
Anytime!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

heads と up で「頭を上げる」に思えるかもしれませんが、実は heads-up は「注意」という意味の名詞です。Heads up! で「危ない、気をつけて」と、頭の上に落ちてくる物への注意を促すフレーズになるのですが、名詞の heads-up は落下物に限らず、状況報告や予定変更などいろいろな情報に用いることができます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~beatを使ったイディオム~

beat は「拍子、リズム、鼓動」などの意味を持ちます。never miss a beat は直訳すると「リズムを外さない」ということですが、そこから転じて「そつなくこなす」という意味合いになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~困っている人に声をかける~

悩んでいる友人に What’s the matter?(どうしたの?)と声をかけるシーンがアメリカ映画などによくありますが、これは相手の様子がいつも異なるときに、身の上を心配して何があったのかをたずねるフレーズ。

日本人が知っておくと便利な英語表現~bottom lineって何?~

bottom line とは、会社の決算表の一番下に表示される集計結果、つまり「最終損益」のことを言います。one’s bottom line の形でどの会社の収支であるかを示し、
It seems our bottom line won’t be affected by the new climate regulations.
(わが社の最終損益は新しい環境規制の影響を受けないようだ)
といったような使い方をします。
one’s の代わりに定冠詞を付けて the bottom line とすると、「最終決定」や「結論」、あるいは話の「要点」などを表します。

日本人が間違いやすい英語表現~”Time”と “The Time”の違い~

Do you have time? なら「お時間はありますか?」ですが、Do you have the time? だと「何時ですか?」と時刻をたずねる質問になるように、定冠詞の the が付いているか否かで、意味がガラリと変わる名詞があります。