コラム

HOME » 日本人のための基礎英語表現~snug as a bug in a rug~

日本人のための基礎英語表現~snug as a bug in a rug~

2020-07-18 | 英会話のコツ

ユキ
ユキ
I feel really rested today!
Ah, you must have slept snug as a bug in a rug, then?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
There aren’t bugs in my bed!

snug as a bug in a rugってどんな意味?

 I feel really rested today!

(今日はすごく体が安まった気がする!)

というユキに対して、シスターは

You must have slept snug as a bug in a rug.

と言いました。一体どんな意味なのでしょうか。

 snug as a bug in a rug は英語特有の比喩的な表現。

snugは「居心地がよい、くつろげる」

a bug in a rugは「じゅうたんの中の虫」という意味です。

直訳すると「じゅうたんの中の虫のように居心地がよい」となり、

そこから「ゆったりくつろいで、ぬくぬくと居心地よく」という意味合いのイディオムになります。

つまり、 You must have slept snug as a bug in a rug.

は「あなたは気持ちよく眠れたに違いない」ということです。

 ダニやノミといった小さな虫にとって、じゅうたんの中は非常に居心地のよい場所である

ことから、非常に居心地がよい、寝心地がよいことをこのように表現します。 

snug, bug, rug と詩のように韻を踏んでいることから、

リズムよく口にできる非常におもしろいフレーズです。

使い方

使い方を確認しましょう。

A: How did you sleep last night? 

昨夜はよく眠れた?

B: As snug as a bug in a rug.

気持ち良く眠れましたよ

Did you get what I meant?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
Sure, there’s a phrase like that!
It’s just like you to get it.
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~have a ball~

ball は「球」「ボール」以外にも「楽しい時間」という意味があります。なので、Did you have a ball? は、パーティやデートなどの楽しげなイベントごとに関して、相手が楽しんだかどうかを尋ねるフレーズになります。

「お待ちしておりました」って英語でなんていうの?~ビジネス英会話~

来客の受付応対時に使う「お待ちしておりました」は、動詞のexpectを用いて、We/I have been expecting you. と表現します。

expectには「(当然起きることとして)期待する、予期する」のほかに、「(来るであろう人を)待つ)」という意味もあるのです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~free rein~

rein とは馬を操る「手綱」のこと。通常は複数形で、pull on the reins(手綱を引く)のように用います。rein の読み方は「レイン」ですが、free rein は決して「自由な雨」ではなく、思いのままに手綱を操れるということから「自由裁量、行動の自由」を表すイディオムです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~jump through hoops~

out of the blueは何かが突然予期せずに起こることを表すフレーズになります。例えば、何年も音信不通だった友人から突然連絡が来た、などのように、前触れや警告なしに、予測できないタイミングや状況で何かが起こることを表します。
また、突然の出来事や意外な展開に対しても、Out of the blue, he said that he’s changing jobs.」(突然彼が転職するといった)というように使われます。
日本語でいう、「晴天の霹靂」に近い表現ですね。

日常英会話で使える表現~マイルドな否定の表現~

そんなときに役立つのが、I’m not so sure. / I’m not sure about that. というフレーズです。

be sure は「確信がある、自信がある」という意味。直訳は「そんなに確信が持てない/そのことについては自信がない」です。