コラム

HOME » 便利な英語表現~「うんざりする」って何て言うの?~

便利な英語表現~「うんざりする」って何て言うの?~

2020-11-16 | 英会話のコツ

Oh, hi Riki!
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Hi Elder! Can I ask you a question? 相手にうんざりしたときに使う英語のフレーズを教えてくれない?
That’s a good question! Let me try to explain it to you.
宣教師
宣教師

Give me a break.「うんざりする」

相手の言動にうんざりしたり、腹が立ったとき、日本語では「いい加減にして!」と言いますね。

これにぴったりあてはまる表現が Give me a break! です。

A: I told you to clean your room before dinner. Why isn’t it done yet?
 夕食前に部屋を片づけるよう言ったでしょ。なぜまだやってないの?

B: Give me a break, mom! I have a lot of homework today.
 お母さん、いい加減にして! 今日は宿題が山ほどあるんだよ。

Give me a break. は、文字どおり直訳すると「私に休憩をください」ですが、

実はこの意味ではありません。

このAB会話のように、誰かにわずらわしいことを言われた際、ちょっと怒った言い方で

Give me a break! と言うと「いい加減にして!」「もうやめてくれ!」という

ニュアンスになるのです。

このフレーズにはいくつかの用法があり、たとえばちょっと困った表情で

Give me a break. と言うと「勘弁してよ」「大目に見てよ」と謝ったり、

許しを乞う表現としても使えます。

ほかにも、相手の信じがたい発言に対して呆れ気味に Give me a break. と言えば

「よく言うよ」「冗談だろ」「そんな馬鹿な」という気持ちを伝えるフレーズになります。

言い方や表情によって意味合いが変わるので、状況に合わせて使い分けましょう。

POINT

また、give someone a break には「~に休憩を与える」という意味もあります。

AB会話で使い方を確認しましょう。

A: It looks like everyone has been working hard on the project.
  Could you give them a break this afternoon?

(みんなプロジェクトに一生懸命取り組んでいるようですね。今日の午後は彼らを少し休ませていた
だけませんか?)

B: Sure. I was thinking we should finish up early today.

 (もちろんです。今日は早く終えようと思っていました。)

Does that make sense?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
It does! Give me a break. は使い方によってニュアンスが変わる表現なんだね。またわからないことがあったら教えてよ!
Anytime!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~暑さの表現~

日本語には「酷暑」「炎暑」「猛暑」など、暑さをあらわす言葉はいろいろとありますが、実は英語にもさまざまな表現があります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~期間や数字に関する表現~

periodicalは「周期的な、定期的な」という意味で、新聞や雑誌などの「定期刊行物」のことをperiodical publicationと言うことも。この「周期ゼミ」が発生するのが13年や17年といった素数(1とその数でしか割り切れない数)であることも注目を集めました。「素数」はprime numberと言います。「偶数」even number、「奇数」odd numberなど、数字に関するその他の表現とあわせて覚えておきましょう。

日本人が知っておくと便利な英語表現~料理で使う言葉~

今回は料理レシピを表現する際に知っておくと便利な表現をご紹介します。まず、大さじはtablespoon 小さじはteaspoonです。そして「大さじ山盛り1杯」なら「積み重ね、かたまり、山」といった意味を持つ、heapを使い、A heaped tablespoonとなります。