コラム

HOME » 便利な英語表現~「うんざりする」って何て言うの?~

便利な英語表現~「うんざりする」って何て言うの?~

2020-11-16 | 英会話のコツ

Oh, hi Riki!
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Hi Elder! Can I ask you a question? 相手にうんざりしたときに使う英語のフレーズを教えてくれない?
That’s a good question! Let me try to explain it to you.
宣教師
宣教師

Give me a break.「うんざりする」

相手の言動にうんざりしたり、腹が立ったとき、日本語では「いい加減にして!」と言いますね。

これにぴったりあてはまる表現が Give me a break! です。

A: I told you to clean your room before dinner. Why isn’t it done yet?
 夕食前に部屋を片づけるよう言ったでしょ。なぜまだやってないの?

B: Give me a break, mom! I have a lot of homework today.
 お母さん、いい加減にして! 今日は宿題が山ほどあるんだよ。

Give me a break. は、文字どおり直訳すると「私に休憩をください」ですが、

実はこの意味ではありません。

このAB会話のように、誰かにわずらわしいことを言われた際、ちょっと怒った言い方で

Give me a break! と言うと「いい加減にして!」「もうやめてくれ!」という

ニュアンスになるのです。

このフレーズにはいくつかの用法があり、たとえばちょっと困った表情で

Give me a break. と言うと「勘弁してよ」「大目に見てよ」と謝ったり、

許しを乞う表現としても使えます。

ほかにも、相手の信じがたい発言に対して呆れ気味に Give me a break. と言えば

「よく言うよ」「冗談だろ」「そんな馬鹿な」という気持ちを伝えるフレーズになります。

言い方や表情によって意味合いが変わるので、状況に合わせて使い分けましょう。

POINT

また、give someone a break には「~に休憩を与える」という意味もあります。

AB会話で使い方を確認しましょう。

A: It looks like everyone has been working hard on the project.
  Could you give them a break this afternoon?

(みんなプロジェクトに一生懸命取り組んでいるようですね。今日の午後は彼らを少し休ませていた
だけませんか?)

B: Sure. I was thinking we should finish up early today.

 (もちろんです。今日は早く終えようと思っていました。)

Does that make sense?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
It does! Give me a break. は使い方によってニュアンスが変わる表現なんだね。またわからないことがあったら教えてよ!
Anytime!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~mustの使い方~

今回はmustのさまざまな使い方を学んでみましょう。mustと言えば「~しなければならない」といった義務を表すため、どうしてもかたいイメージになりがちです。しかし、実は普段のちょっとした場面でも、mustはとても便利に使うことができるのです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~confidentの使い方~

confidentは「自信にあふれた」を意味する形容詞です。名詞形 confidence には、「自信」のほかに「信頼」の意味もあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。