コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~誤用しがちなカタカナ英語~

日本人が知っておくと便利な英語表現~誤用しがちなカタカナ英語~

2021-08-30 | 英会話のコツ

Today when I was walking around in a good mood, someone said to me “You look high tension today.”
宣教師
宣教師
リキ
リキ
あぁ、”テンションが高くてご機嫌だね”、って言いたかったのかな
Katakana English can be confusing sometimes.
宣教師
宣教師

誤用しがちなカタカナ英語

日本語はさまざまな言語から影響を受けており、新しい言語を取り込み、日々新たな言葉が生まれています。

そのため、カタカナで表記されているからといって、一概に英語由来の言葉とは言えないものや、

日本語として活用されるうちに本来の意味を失ってしまっているものも。

今回はそんな誤用しがちなカタカナ英語についてチェックしてみましょう。

テンション

tensionは「緊張、ストレス、ピンと張った状態」などを意味します。

そのため、日本語の感覚でYou look high tension today.などと言うと、「すごく緊張して見えるよ」という、

本来伝えたい意味合いとは逆のニュアンスになってしまいます。

A: How was Jessica’s wedding party?
 ジェシカの結婚パーティはどうだった?

B: All the guests were really excited and danced all night.
 参加者は全員ハイテンションで、夜中踊り明かしたよ。

A: Did your graduation thesis presentation go well?
 卒業論文の発表、うまくいった?

B: I was so nervous that I don’t remember.
 緊張しすぎて覚えてないよ。

リキ
リキ
カタカナ英語では通じない場合もあるんだね
It’s good to know the word origins so as not to surprise native speakers.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
これからは注意して使うようにするよ

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~as clear as mud~

mud は「泥」を表す名詞です。as clear as mud を直訳すると、「泥と同じくらい明瞭な」となります。しかし、泥は透き通っておらず、濁ったもの。このフレーズは、実はユーモアを利かせた口語表現で、明快さが泥と同じ程度、つまり「不明瞭でさっぱりわからない」というニュアンスなのです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Why the long face?~

唐突に「どうして長い顔なの?」とぶしつけな質問をしているわけではありません。long face を直訳すると「長い顔」ですが、実は「浮かない顔つき」の意味があります。Why the long face? は、悲しそうに見える相手を心配して、「浮かない顔をして、どうしたの?」とたずねる定型表現です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~figureを使った表現~

イディオム good with figures の figure とは、フィギュアスケート(figure skating)や人形のフィギュアのことではなく、「数字」を表します。つまり、number と一緒です。good with … は「〜に巧みな」という意味ですので、あとに figures を続けると、「数字に強い、計算が得意だ」となります。逆に「数字に弱い」なら bad with figures と表現できます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「すぐに思いつかない」表現~

人の名前などがパッと出てこないようなときは、not off the top of my head (すぐに思いつかない) という表現が使えます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~next toの使い方~

next to というフレーズは「〜のとなりに」という意味で知られています。たとえば There is a small house next to the building.(その建物のとなりに小さな家がある)のような使い方ができます。しかし、そうした「位置」について述べる以外の用法もあります。