コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

2021-11-29 | 英会話のコツ

Yuki, just a heads-up…
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
ん? 頭を上げるの?
Oh, no, that’s not what I meant.
宣教師
宣教師

heads-up

heads と up で「頭を上げる」に思えるかもしれませんが、実は heads-up は「注意」という意味の名詞です。

Heads up! で「危ない、気をつけて」と、頭の上に落ちてくる物への注意を促すフレーズになるのですが、

名詞の heads-up は落下物に限らず、状況報告や予定変更などいろいろな情報に用いることができます。

前もって予告しておくことを表すので、Thanks for the heads-up about the emergency meeting this afternoon.

なら「午後の緊急会議について事前に知らせてくれてありがとう」という意味です。

Just a heads-up, …(先に知らせておくと~)や I’ll give you a heads-up.(前もってお知らせします)のような

言い回しもあります。直前になって情報を伝えるより、

あらかじめ連絡しておいたほうが相手にとってよいと思われる場合に使います。

ハイフンを省略して heads up と書くこともありますが、この「注意」を表す名詞では必ず複数形の heads になります。

単数形を使った head up は、「(組織を)率いる」「(活動を)指揮する」という意味の句動詞で、

Maria has been chosen to head up the new project.
(マリアは新プロジェクトを指揮するリーダーに選任された)

のように言ったりします。

POINT

また、up の反対に down を用いる表現もあります。keep one’s head down なら「人目につかないようにする」、

get one’s head down なら「仕事に黙々と取り組む」あるいは「(体を横にして)寝る」という意味です。

それぞれの例文を紹介しましょう。

My boss is in a bad mood today, so I’m trying to keep my head down and avoid him.
(今日は上司の機嫌が悪いので、身をひそめて彼に近づかないようにしている)

You look exhausted. Why don’t you take the afternoon off and get your head down?
(お疲れのようですね。午後は休んで、横になったらどうですか?)

ユキ
ユキ
なるほど、just a heads-up は「先に知らせておくと」という意味なのね。
That’s right. It’s a commonly used phrase, so it’s a good idea to remember it.
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
で、肝心の用件は?

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

「お待ちしておりました」って英語でなんていうの?~ビジネス英会話~

来客の受付応対時に使う「お待ちしておりました」は、動詞のexpectを用いて、We/I have been expecting you. と表現します。

expectには「(当然起きることとして)期待する、予期する」のほかに、「(来るであろう人を)待つ)」という意味もあるのです。

日本人が間違いやすい英語表現~foreignerは要注意!~

英語で「外国人」を何と言うかと聞かれたら、多くの人がforeignerと答えるかもしれません。

しかし、このforeignerは「よそ者」という意味もあり、少し排他的なニュアンスがある語です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~spring something on someone~

ユキのいう通り、springは「春」という意味なのですが、ここでは動詞として使われています。ベッドのスプリング(バネ)からも想像できると思いますが、springには「はねる」「とぶ」という意味もあります。spring something on someoneで、誰かの言動が誰かを飛び上がらせてしまうくらい驚かせたときに使います。突然のニュースや、予期せぬ行動で人を驚かせたということを表す表現になります。ちなみに「湧き出る」という意味もあるのでspring waterで「湧き水」を表します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「物知り」ってなんていう?~

英語で「彼女はとても物知りだ」と言いたい場合、She’s very knowledgeable. などのように表現します。knowledgeable は「博識な」を表す形容詞で、knowledgeable about … の形で「〜を熟知している、〜に詳しい」という意味になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~in the mood for~

bucketは「バケツ」という意味ですが、sweatは「汗」「汗をかく」という意味ですので、バケツいっぱいになるほど「大量に汗をかく」という意味になります。sweat bucketsで「大量の汗をかく」「汗だくになる」という意味になります。大粒の汗が次から次へと出てとまらないとき、暑さを誇張して使う表現になります。カジュアルな言い方なので、家族や友達の間でよく使われます。