コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~スポーツ場面での頻出フレーズ~

日本人が知っておくと便利な英語表現~スポーツ場面での頻出フレーズ~

2021-03-15 | 英会話のコツ

You look great in your Yankees T-shirt.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
前にNYの球場で買ったんだ。でも実況中継がさっぱり理解できなかったよ
There are many unique phrases in sports.
宣教師
宣教師

スポーツ場面での頻出フレーズ

今回は、試合中や実況中継など、スポーツ場面でよく耳にするフレーズをご紹介します。

野球やバスケット、サッカーなど、スポーツのルールはさまざまですが、

実は試合や解説時などに使う表現には共通するものが多くあります。

by a neck

「首の差わずかで、僅差で」を意味するフレーズ。

ほんの少しの差で勝敗が決まるような、手に汗握る試合などで使われますが、

実はその由来は競馬。neckを使ったイディオムにはほかにneck-and-neckもあり、

これは「接戦、負けず劣らず」といった意味になります。

2頭の馬が首を並べて横一線で走る様子をイメージするとわかりやすいですね。

by a neck の会話例を見てみましょう。

A: The Marlins defeated the Mets 101-100.
  マリナーズはメッツを101対100で打ち負かしたよ。

B: The Marlins won by a neck, the Mets lost by a neck!
  マリナーズはかろうじて勝ったんだよ、メッツは僅差で負けた!

bounce back from

スポーツにケガはつきもの。「ケガをする、負傷する」は英語で get injuredといい、

ケガの程度によってget slightly injured(軽傷を負う)、

get seriously injured(重症を負う)のように表現します。

そして「跳ね返る」を意味するbounceを使えば、ケガから回復したことを

伝えることができます。bounce back from … は

「(病気・ケガなど)を克服する、から回復する」というイディオムです。

A: Suzuki got seriously injured.
  鈴木は重傷を負ったんだよ。

B: I know. But he bounced back from the injury and is finally back to playing.
 知ってるよ。でも彼はケガを克服し、ついに試合に復帰したんだ。

リキ
リキ
日常生活でも使えそうだね。どんどん試してみるよ
It might be a good idea.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
いつか英語の実況中継が聞きとれるように、頑張る!

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

「よそよそしい」って英語でなんていうの?

また、「よそよそしい」はdistantを使うことも可能です。

こちらもremoteと同じように「(距離的に)遠い、遠く離れた」が基本の意味となる形容詞。

日本人のための基礎英語表現~make a sceneって何?~

make a sceneは「大騒ぎをする、醜態をさらす」という意味のイディオムです。

つまり、Don’t make a scene. は人前で騒ぎ立てたり、

怒り出したりする相手に「大騒ぎしないで、醜態をさらさないで」と伝えるフレーズ。

便利な英語表現~「薬局」って何て言うの?~

体調を崩してしまったけれど、薬を持っておらず、病院も開いていない…そんなときに頼りになるのが薬局。薬局は英語でdrugstoreやpharmacyと言います。drugstoreは薬のほかに生活用品等を扱っていることが多く、処方箋を必要とせずに薬を購入することができます。一方pharmacyは、一般的に病院で出された処方箋をもとに薬を調剤する薬局です。アメリカでは、drugstoreの中で処方箋の必要のある薬を売る場所のことをpharmacyと呼ぶ場合もあります。

日本人のための基礎英語表現~I have a lot of baggage~

have a lot of baggageは「悩みが多い」という決まり文句でもあります。この場合、baggageという単語の意味は「精神的な重荷、悩み」になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~just around the corner~

corner は「角」などで、around the corner で「角を曲がったところに」という意味になります。道案内などで just around the corner といえば、「角を曲がればすぐ」もしくは「すぐそこ」と言うニュアンスで使われます。