コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~mustの使い方~

日本人が知っておくと便利な英語表現~mustの使い方~

2021-10-19 | 英会話のコツ

ユキ
ユキ
「must」って、かたい言い方なんでしょ?
That is true, but it can also be useful.
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
そうなんだ。教えて!

must

今回はmustのさまざまな使い方を学んでみましょう。mustと言えば「~しなければならない」といった義務を表すため、

どうしてもかたいイメージになりがちです。

実際、We must take action to protect the environment.(環境を守るために行動を起こさなければならない)のように

「自分の信念」をスピーチで伝えたりするのに向いていて、日常会話で使うには大袈裟な印象があるかもしれません。

しかし、実は普段のちょっとした場面でも、mustはとても便利に使うことができるのです。

まず、「本当はそうしたくないけど、どうしても~しなければならない」というニュアンスを出せます。

例えば、I must go.「(帰りたくないけど)もうおいとましないと」のように、

自分の気持ちとは反対にそうする必要があるのだと示唆できます。

続いて、We must …で「ぜひとも~しましょう」と、何かを一緒にしたいという好意的な気持ちも表せます。

・We must do this again!
(絶対、またやろうね!)

さらに、相手に何かを強く勧めて、「~しなくちゃだめだよ」という意味合いにもなります。

・You must come visit us sometime.
(そのうち、ぜひ遊びに来てね)

You must …の形では、You must finish the report by tomorrow.
(明日までに報告書を仕上げなさない)

のように命令する使い方もあるので、似たような英語表現を用いても、状況によって意味合いは大きく異なります。

POINT

なお、mustには「必須のもの」という意味もあり、a must-read book(必読書)のようにも使えます。

一見こわもてなmustにも、さまざまな表情があるとおわかりいただけたでしょうか。

By the way, did you go to see that movie?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
気にはなっているけど、まだ見ていないの。
It’s a must-watch!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

heads と up で「頭を上げる」に思えるかもしれませんが、実は heads-up は「注意」という意味の名詞です。Heads up! で「危ない、気をつけて」と、頭の上に落ちてくる物への注意を促すフレーズになるのですが、名詞の heads-up は落下物に限らず、状況報告や予定変更などいろいろな情報に用いることができます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~beatを使ったイディオム~

beat は「拍子、リズム、鼓動」などの意味を持ちます。never miss a beat は直訳すると「リズムを外さない」ということですが、そこから転じて「そつなくこなす」という意味合いになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~困っている人に声をかける~

悩んでいる友人に What’s the matter?(どうしたの?)と声をかけるシーンがアメリカ映画などによくありますが、これは相手の様子がいつも異なるときに、身の上を心配して何があったのかをたずねるフレーズ。

日本人が知っておくと便利な英語表現~bottom lineって何?~

bottom line とは、会社の決算表の一番下に表示される集計結果、つまり「最終損益」のことを言います。one’s bottom line の形でどの会社の収支であるかを示し、
It seems our bottom line won’t be affected by the new climate regulations.
(わが社の最終損益は新しい環境規制の影響を受けないようだ)
といったような使い方をします。
one’s の代わりに定冠詞を付けて the bottom line とすると、「最終決定」や「結論」、あるいは話の「要点」などを表します。

日本人が間違いやすい英語表現~”Time”と “The Time”の違い~

Do you have time? なら「お時間はありますか?」ですが、Do you have the time? だと「何時ですか?」と時刻をたずねる質問になるように、定冠詞の the が付いているか否かで、意味がガラリと変わる名詞があります。