コラム

HOME » 日本人のための基礎英語表現~「日常茶飯事」って何て言うの?~

日本人のための基礎英語表現~「日常茶飯事」って何て言うの?~

2020-08-21 | 英会話のコツ

リキ
リキ
Sorry I couldn’t answer your call last night.
Don’t worry about it. Did you have to work overtime?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Working overtime is … Wait, how do you say ”日常茶飯事” in English?

「日常茶飯事」を英語で言うと?

日々のありふれた出来事のことを、日本語では「日常茶飯事」といいます。

これにぴったりあてはまるのが、daily occurrence という英語表現。

daily は形容詞で「毎日の、日常の」、 occurrence は名詞で

「出来事、事件」という意味を持つことから、

この2つの単語を組み合わせて「毎日の出来事」→「日常茶飯事」です。

「うちの会社では残業なんて日常茶飯事だよ」を英語で言う場合は、

Working overtime is a daily occurrence at our company.

となります。

daily の部分を、同じく「毎日の」という意味を持つ everyday に置き換え、

At our company, overtime work is an everyday occurrence.

のように言うこともできます。

さっそく、会話例で使い方を確認しましょう。

A: Do you get along with your younger brother?
 弟とは仲が良いの?

B: Yeah, now I do. When were kids, fighting was an everyday occurrence, though.
 うん、今はね。子どもの頃は、けんかが日常茶飯事だったけど。

A: I can relate! It was the same for my siblings and I, too.
 わかる~! うちの兄弟もそうだったよ。

A: Nanako lost her wallet again?
 ナナコはまた財布をなくしたの?

B: It’s an everyday occurrence for her.
 彼女にとっては日常茶飯事だよ。

A: That’s true.
 確かに。

POINT

またdaily/everyday occurrence のほかに、次のフレーズも

「日常茶飯事」に近いニュアンスを表現することができます。

・nothing special

nothing は「何も~ない」、special は「特別な」。

nothing special で「特別なことは何もない」→「普通のことだ、たいしたことはない、

いつもどおりだ」という意味の言い回し。

 It’s nothing special for her to miss deadlines.
 締切に遅れるのは彼女にとってはいつものことだ。

・ happen(s) all the time

happen は「起こる」、all the timeは「いつも」。

It happens all the time. で「よくあることだ」という決まり文句。

A: Kevin was late for work again this morning.
 ケビンは今朝また仕事に遅れたよ。

B: It happens all the time, so the manager didn’t say anything.
 よくあることだからマネージャーは何も言わなかったんだ。

・ par for the course

par は「(ゴルフの)基準打数、パー」のことで、

par for the course の直訳は「ゴルフコースの基準打数」。

基準として定められている打数でコースを回るのは予想の範疇だ、

といった意味合いから「普通のこと、当たり前のこと」を指す表現に。

For Amanda, leaving work early is par for the course.
アマンダにとって、早めに仕事を切り上げるのは普通のことだ。

So basically, we have a lot of different ways to say that something is ”a daily occurrence.”
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Wow, I see. Thanks for explaining it to me!
Ask me anytime! We can make it a daily occurrence.
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~What’s in it for me?~

会話の最後の登場したWhat’s in it for me? という英文の直訳は、

「私のために何が入っているの?」

でも実はこのフレーズは「それは私にとって何かメリットがありますか?」

「これって、私にとってどんな利点がありますか?」という意味の決まり文句。

日本人のための基礎英語表現~cold day in hell~

cold day は「寒い日」という意味。1つめの英文には、この cold day を用いた cold day in hell というイディオムが使われています。cold day in hell を直訳すると「地獄の寒い日」ですが、hell(灼熱地獄)では cold day(寒い日)になることはないということから、これで「決してありえない、絶対にない」という意味の英語表現になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「遅刻」にまつわる表現~

遅刻したときの謝罪や言い訳は、いくつかパターンを覚えておくと便利です。いざというとき困らないよう、まとめて覚えておきましょう。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「早起き」にまつわる表現~

毎朝早く起きているというエルダーに対し、リキが「早起きなんだね」とひと言。このフレーズは、英語では You’re an early riser. と表現します。

日本人のための基礎英語表現~I’ve heard a lot about you.~

友人や同僚からいろいろ話を聞いていた相手と初めて顔を合わせたとき、日本語では「あなたの噂はいろいろ聞いています」「お噂はかねがね伺っております」と言います。I’ve heard a lot about you. は、まさにそれにあたる英語フレーズ。