コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~Do you mindの使い方~

日本人が知っておくと便利な英語表現~Do you mindの使い方~

2021-10-25 | 英会話のコツ

リキ
リキ
「Do you mind …?」の質問文って、ややこしいと思うんだけど。
You’re right, it is a little difficult to use.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
使い方を詳しく教えてほしいな。

Do you mind …?

動詞の mind は「気にする」という意味。

お詫びに対して Never mind. なら「気にしないで」ということですし、

誰かの作業を邪魔したくないときに Don’t mind me. と言えば「私のことは気にしないで続けてください」→「お構いなく」

の意味になります。このmindを使って、「〜してもいいですか?」と許可を求めるフレーズを作ることができます。

〈Do you mind if I …?〉の形にして、「もし私が…したら気にしますか?」→「…してもいいですか?」とたずねます。

使い方

A: Do you mind if I have this piece of cake?
(このケーキを食べてもいいですか?)

B: No, that’s fine. I’m on a diet.
(ええ、いいですよ。ダイエット中ですので)

A: Would you mind if I sat down here?
(ここに座ってもいいですか?)

B: I don’t mind at all.
(全く構いません)

if節の動詞を過去形にしたうえで、Do you …? の代わりに Would you …? を使うと、

「仮にもし私が〜したとしたら気にするでしょうか?」という仮定の話になるので、より丁寧な表現になります。

逆にカジュアルに聞きたい時は、Do youを省略して Mind if I sit down here? とたずねることもできます。

POINT

注意が必要なのは返事をするときです。許可を求める質問に対して、承諾するつもりで Yes. と答えてしまうと

「はい、気にします」の意味になり、了承しないことになります。

了承する場合は、No. や Not at all. と言ったり、OK. や Sure. などで応じたりします。

なお、似た表現として依頼のフレーズがあります。mindの後に動詞のing形を続けて〈Do you mind …ing ?〉の形にすると、

「…することを気にしますか?」→「…してもらってもいいですか?」と、相手に何かをお願いする文になります。

使い方

A: Do you mind giving me a hand?
(手伝ってもらってもいいですか?)

B: Of course not.
(もちろんです)

A: Would you mind closing the window?
(窓を閉めてもらってもいいですか?)

B: Sure, just a second.
(いいですよ、ちょっと待ってください)

依頼のフレーズでも、Do you …? の代わりに Would you …? を用いるとより丁寧になります。

Do you think you’ve gotten the hang of it now?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
うん、なんとなくわかってきた!
I’m glad!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

heads と up で「頭を上げる」に思えるかもしれませんが、実は heads-up は「注意」という意味の名詞です。Heads up! で「危ない、気をつけて」と、頭の上に落ちてくる物への注意を促すフレーズになるのですが、名詞の heads-up は落下物に限らず、状況報告や予定変更などいろいろな情報に用いることができます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~beatを使ったイディオム~

beat は「拍子、リズム、鼓動」などの意味を持ちます。never miss a beat は直訳すると「リズムを外さない」ということですが、そこから転じて「そつなくこなす」という意味合いになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~困っている人に声をかける~

悩んでいる友人に What’s the matter?(どうしたの?)と声をかけるシーンがアメリカ映画などによくありますが、これは相手の様子がいつも異なるときに、身の上を心配して何があったのかをたずねるフレーズ。

日本人が知っておくと便利な英語表現~bottom lineって何?~

bottom line とは、会社の決算表の一番下に表示される集計結果、つまり「最終損益」のことを言います。one’s bottom line の形でどの会社の収支であるかを示し、
It seems our bottom line won’t be affected by the new climate regulations.
(わが社の最終損益は新しい環境規制の影響を受けないようだ)
といったような使い方をします。
one’s の代わりに定冠詞を付けて the bottom line とすると、「最終決定」や「結論」、あるいは話の「要点」などを表します。

日本人が間違いやすい英語表現~”Time”と “The Time”の違い~

Do you have time? なら「お時間はありますか?」ですが、Do you have the time? だと「何時ですか?」と時刻をたずねる質問になるように、定冠詞の the が付いているか否かで、意味がガラリと変わる名詞があります。