コラム

HOME » 日本人のための基礎英語表現~I have a lot of baggage~

日本人のための基礎英語表現~I have a lot of baggage~

2020-03-21 | ニュース, 英会話のコツ

リキ
リキ
Can I ask you a question?
Sure!
宣教師
宣教師
リキ
リキ
I have a lot of baggage. ってどういう意味?

I have a lot of baggage.

会社の休憩室で、リキは外国人の同僚Alexと以下の会話を交わしました。

Riki: Are you okay? You look tired.

(大丈夫? 疲れてるみたいだよ。)

Alex: There’s just a lot going on.

(ちょっと色々あって。)

Riki: Did something happen in the meeting?

(会議で何かあったの?)

Alex: No, I have a lot of baggage.

(いいや、荷物がたくさんあって。)

Riki: Oh, I can help you carry it. Where is it?

(ああ、運ぶのを手伝うよ。どこにある?)

Alex: What are you talking about?

(何を言っているの?)

ふたりの会話は少し噛み合わなかったようです。

I have a lot of baggage. というフレーズを、リキは文字通り「荷物がたくさんある」という意味だと解釈しました。

もちろん、このフレーズにはそのとおりの意味もあるのですが、

have a lot of baggageは「悩みが多い」という決まり文句でもあります。

この場合、baggageという単語の意味は「精神的な重荷、悩み」になります。

つまり、同僚のAlexはNo, I have a lot of baggage.「いいや、悩みが多くてね」と言っていたのです。

最後に、ほかの会話例も確認しましょう。

A: What’s wrong?

(どうしたの?)

B: My sister seems to have a lot of baggage.

(妹がいろいろと悩んでいるみたいなの。)

have a lot of baggageは「悩みが多い」っていう意味なんだよ
宣教師
宣教師
リキ
リキ
ネイティブっぽい言い回しだね。教えてくれてありがとう!
Anytime!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~confidentの使い方~

confidentは「自信にあふれた」を意味する形容詞です。名詞形 confidence には、「自信」のほかに「信頼」の意味もあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。