コラム

HOME » ~役立つ日常英会話~メールやSNSで使える「略語」

~役立つ日常英会話~メールやSNSで使える「略語」

2019-09-02 | 英会話のコツ

Hi! What are you doing?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
I’m writing an email to my online friend from Canada. Could you look at it for me?
Sure!
宣教師
宣教師

メール、SNSの略語

オンラインサイトを通じてカナダに友人ができたリキは、英語でメールを書きました。

Hi Jason,

Thank you for your e-mail. I’m really happy to have an online friend from overseas.

I have always wanted to go to Canada. I was born and raised in Osaka.

I graduated from university in March, and I started working soon after.

Have you ever been to Japan? You should visit Osaka one day! (laugh)

Talk to you later!

Riki

ハイ、ジェイソン

メールありがとう。オンラインで海外に友達ができてすごくうれしいよ。

ずっとカナダに行ってみたいと思っています。僕は生まれも育ちも大阪。

3月に大学を卒業して、そのあとすぐに働き始めました。

日本に行ったことはありますか? いつか大阪に来てね!(笑)

ではまた!

リキより

リキの英文メールに問題はありませんが、友人同士のメールやチャットでは略語がよく用いられます。

たとえば、リキのメールにあった表現なら

Talk to you later(またね):TTYL

laugh(笑):lol

のように表記することも多いです。そのほかの役立つ略語ほかにも、
as you know(ご存知のように):AYK

by the way(ところで):BTW

for your information(ご参考までに):FYI

no problem(問題ない)NP

などがあります。

もちろんきちんとした文章では避けた方がいいのですが、できるだけ早く文字を打つために用いる人も多いのでぜひ使ってみましょう。

リキ
リキ
いろんな略語があるんだね!
うん、メールやチャットやSNSでよく使われる表現だよ
宣教師
宣教師
リキ
リキ
教えてもらった略語、さっそく使ってみるよ!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブ/ネガティブ~

ネイティブがpositive/negativeを使う場面は性格や思考のことではなく、検査結果が陰性/陽性という場合や、「間違いない」とい自信を持って伝えたい状況の場合です。