コラム

HOME » 「書き留める」って英語でなんて言うの?

「書き留める」って英語でなんて言うの?

2019-07-08 | 英会話のコツ

Hello Riki! What are you doing?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Hi Elder! さっき仕事の電話がかかってきたから、忘れないように内容を書き留めていたんだ
I see. ところでリキ、『書き留める』って英語でどう言うか知ってる?
宣教師
宣教師

 

「書き留める」の英語表現~write down~

今回は、電話の内容や人から聞いた話を「書き留める」ときに使う表現です。

まずは以下の会話例を見てみましょう。

A: Did you catch what was said in the meeting?

( 打ち合わせで言ってたことは聞き取れた?)

B: Yeah, I wrote down what they said.

(うん、彼らが言ったことを書き留めたよ。)

このように、「書き留める」はwrite downというフレーズを使います。

I wrote down everything that was said.

(言っていたことは全て書き留めました。)

I wrote down what I could.

(できるだけ書き留めました。)

ちなみに、「言ったこと」は関係代名詞のwhat(~すること・もの)を使って表現します。

what someone said=「人が言ったこと」という意味で、someoneの部分には人称代名詞や人の名前が入ります。

Sorry, I didn’t catch what you said. なら「ごめん、あなたが言ったことが聞き取れなかった」ということです。

間違ってもI wrote down the saying. とは言わないように!

sayingは「ことわざ、格言」という意味で、「ことわざを書き留めました」と相手に伝わってしまうので注意しましょう。

Did you get it? write downのように『動詞+副詞または前置詞』から成るフレーズを句動詞って言うんだよ
宣教師
宣教師
リキ
リキ
writeは『書く』だけど、write downにすることで『書き留める、記録する』っていう意味になるんだね
そう。また今度、ほかの句動詞についても勉強しよう
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~boiling hot~

boilは「沸騰する」という意味で、boiled eggで「ゆで卵」のことです。夏のうだるような暑さを表すときは、このboilを使って、boiling hotと言います。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I could eat a horse!~

実は英語には馬を使った表現がたくさんあります。中でもよく使うものをご紹介します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~A little bird told me~

会話では、ちょっとした噂話などはよくネタになりますよね。ただ、「誰々が言っていたよ」と言ってしまうと、かどが立つこともありますよね。また、誰に聞いたかよく覚えていないということもありますよね。そんな時に便利なのが、a little bird told me…、という表現です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I’m all tied up~

tie は necktie(ネクタイ)や tie one’s shoe(靴の紐を結ぶ)といった表現などからもわかる通り「結ぶ」という意味です。I’m all tied up now.は「今は全て縛られている」つまり、「忙しくて手一杯」「手が離れません」などというニュアンスになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Stay out of trouble~

stay out of …で「〜に関わらない」「〜を避ける」という意味で、Stay out of it.で「口出ししないで」「首をつっこまないで」のような意味になります。
Stay out of trouble. では「トラブルを避けてね」が直訳になりますが、つまり、誰かが出かける際に「トラブルに巻き込まれないように、気をつけて行ってきてね」という気持ちを込めて送り出すひと言になります。