コラム

HOME » 日本人のための基礎英語表現~金額の書き方~

日本人のための基礎英語表現~金額の書き方~

2020-03-16 | 英会話のコツ

Hi! 今日は質問があるって聞いたけど?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
Yeah. 英語の金額の書き方を教えてほしいの
Sure! さっそく始めましょう
宣教師
宣教師

金額の表記

今回は、英語の金額の書き方をクイズ形式で確認しましょう。

次の英文の金額表示は、カンマとピリオドのどちらを用いるのが正しいでしょうか?

Q1 この洗濯機の値段は219,800円だ

A: The price of this washing machine is 219,800 yen.

B: The price of this washing machine is 219.800 yen.

〈解説〉

数字は、ピリオドで区切る場合とカンマで区切る場合がありますが、混同しないように注意が必要です。

ピリオドで区切るのは、150.5cmのように「整数と小数を分ける」場合です。

たとえば、$7,420,000を$7.42millionと表示する場合、ピリオドは小数点を表しています。

一方、読みやすいように3桁ごとに区切る場合はカンマを用います。

日本語ではこのカンマは省略されることもありますが、英語の場合は省略不可です。

つまり、 219,800yenのような金額の場合は、ピリオドではなくカンマを使うのが正しいです。

つまり、Q1の正解はAになります。

Q2 その会社の昨年の収入は765万4千3百ドルだった。

A. The company’s annual income was 7.6543million dollars last year.

B. The company’s annual income was 7,654,300 dollars last year.

〈解説〉

桁の大きな数字の場合、小数点を用いて後ろにmillion(100万)、billion(10億)、trillion(1兆)

のような語をつける表記が好まれます。ただし、このクイズのAのように小数点以下が4桁になるような表し方はしません。

小数点以下は2桁、多くて3桁までが一般的です。

端数を切り上げられる場合は、小数点以下を2桁にして表しますが、正確な数字を表記する必要がある場合は、

Bのようにすべての数字を書き出します。

つまり、Q2の正解はBになります。

POINT

dollarの場合は、one dollar(1ドル)、two dollars(2ドル)のように、

金額が複数になるとdollarも複数形になります。ところが、yenの場合はtwo yensのようにはなりません。

yenを複数形にはせず、two yenのように使うということを覚えておきましょう!

How was today’s lesson?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
金額を表記するときのカンマとピリオドの使い分け、ちょっとわかってきたわ
それはよかった!Please let me know if you have any questions!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブ/ネガティブ~

ネイティブがpositive/negativeを使う場面は性格や思考のことではなく、検査結果が陰性/陽性という場合や、「間違いない」とい自信を持って伝えたい状況の場合です。