コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~dayのイディオム~

日本人が知っておくと便利な英語表現~dayのイディオム~

2021-12-06 | 英会話のコツ

How was your day?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
今日は駅で昔の友だちとばったり会って、楽しく立ち話をしたよ。
It sounds like you had a great day!
宣教師
宣教師

dayのイディオム

英語には「day」を使った慣用表現がいろいろあります。

たとえば Today is your day. なら「今日はついてるね」と、相手にとってラッキーだということを伝えられますし、

It’s not my day. なら「何だかついてないな」と、自分の運がよくないという考えを表せます。

以下、3つのイディオムを紹介しましょう。

call it a day

call it a day

A: I don’t think we can make any more progress today.
(今日はもう進展がなさそうです)

B: I agree. Let’s call it a day and go home.
(そうですね。今日は切り上げて帰宅しましょう)

call it a day は、仕事などを切り上げるときに「今日はここまでにする、今日はこれでおしまいにする」

という意味で用います。もし夜遅くまで残業していたら、

day の代わりに night を使って、Let’s call it a night.(今夜はここまでにしましょう)とも言います。

haven’t got all day

haven’t got all day

A: What time do you think the report will be finished? We haven’t got all day.
(報告書は何時にできそうですか? 急ぎなんですよ)

B: I just need another 30 minutes to finalize everything.
(あと30分で仕上がります)

haven’t got all day (=not have all day) は「あまり時間がない」という意味です。

「ぐずぐずしていられない」と、相手に早くしてもらいたいときに使う表現です。

That’ll be the day!

That’ll be the day!

A: I promise I’ll never skip class again.
(もう授業を休まないと約束します)

B: That’ll be the day! At least make sure your assignments are done on time.
(まさか! せめて宿題だけは間に合わせるように)

That’ll be the day! は将来のことに関して、「まさか、そんなことは起こりえない」という気持ちを表すフレーズです。

at least は相手に最低限望むことについて、「せめて…ぐらいは」というニュアンスで使えます。

リキ
リキ
英語では「day」を使っていろんな言い方ができるんだね。
That’s right. There are many idioms that use “day.”
宣教師
宣教師
リキ
リキ
うまく使いこなせるようになりたいな!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~Beats をつかった表現~

beat は「打つ」の他にも「打ち負かす」という意味があるので、Nothing beats で「〜も〜をまかすことはできない」つまり「〜にかなうものはない!」という意味になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~boiling hot~

boilは「沸騰する」という意味で、boiled eggで「ゆで卵」のことです。夏のうだるような暑さを表すときは、このboilを使って、boiling hotと言います。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I could eat a horse!~

実は英語には馬を使った表現がたくさんあります。中でもよく使うものをご紹介します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~A little bird told me~

会話では、ちょっとした噂話などはよくネタになりますよね。ただ、「誰々が言っていたよ」と言ってしまうと、かどが立つこともありますよね。また、誰に聞いたかよく覚えていないということもありますよね。そんな時に便利なのが、a little bird told me…、という表現です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I’m all tied up~

tie は necktie(ネクタイ)や tie one’s shoe(靴の紐を結ぶ)といった表現などからもわかる通り「結ぶ」という意味です。I’m all tied up now.は「今は全て縛られている」つまり、「忙しくて手一杯」「手が離れません」などというニュアンスになります。