コラム

HOME » 便利な英語表現~「いいかげんにして」って何て言うの?~

便利な英語表現~「いいかげんにして」って何て言うの?~

2020-11-29 | 英会話のコツ

Do you remember the phrase “Give me a break.” that we talked about the other day?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
もちろん! いい加減にしてっていう意味のフレーズだよね?
That’s right. I’ll tell you another phrase today.
宣教師
宣教師

Enough is enough.「うんざりする」

「いい加減にして」「もうたくさんだ」という意味を持つ英語表現は、

Give me a break.だけではありません。

今回は、Enough is enough. というフレーズをご紹介します。

形容詞のenoughは「(量などが)十分な」という意味なので、Enough is enough.

というと「十分足りている、十分過ぎる」といったポジティブなニュアンスのように

思うかもしれません。でも実は「十分と言ったら十分だ」という直訳から、

「いい加減にして、もうたくさんだ、勘弁してくれ」という意味で使われています。

相手の言葉や行動に我慢ならないときや、嫌気がさしたときに用いるフレーズです。

強い口調で言うことで腹立たしさやイライラした気持ちを相手に伝えることができます。

2つの会話例で使い方を確認しましょう。

A: John, you’re late for work again today. Enough is enough!
 (ジョン、あなた今日また仕事に遅刻したの。いい加減にして!)

B: I’m so sorry. It will never happen again.
 (本当に申し訳ありません。もう二度としません。)

A: I can’t believe Mark didn’t call you and just didn’t show up.
 (マークがあなたに電話もせず、現れなかったなんて信じられない。)

B: I know. Enough is enough!
 (ほんとだよ。もううんざり!)

POINT

また、同じ enough を使った I’ve had enough.

も同じ意味のフレーズですので合わせて覚えておきましょう。

リキ
リキ
Enough is enough. と I’ve had enough. はどちらもうんざりした気持ちを表すフレーズなんだね
That’s right!
宣教師
宣教師
リキ
リキ
表現のレパートリーが増えたよ。Thanks!

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~スポーツ場面での頻出フレーズ~

今回は、試合中や実況中継など、スポーツ場面でよく耳にするフレーズをご紹介します。野球やバスケット、サッカーなど、スポーツのルールはさまざまですが、実は試合や解説時などに使う表現には共通するものが多くあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~bottom lineって何?~

bottom line とは、会社の決算表の一番下に表示される集計結果、つまり「最終損益」のことを言います。one’s bottom line の形でどの会社の収支であるかを示し、
It seems our bottom line won’t be affected by the new climate regulations.
(わが社の最終損益は新しい環境規制の影響を受けないようだ)
といったような使い方をします。
one’s の代わりに定冠詞を付けて the bottom line とすると、「最終決定」や「結論」、あるいは話の「要点」などを表します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Sweat buckets~

bucketは「バケツ」という意味ですが、sweatは「汗」「汗をかく」という意味ですので、バケツいっぱいになるほど「大量に汗をかく」という意味になります。sweat bucketsで「大量の汗をかく」「汗だくになる」という意味になります。大粒の汗が次から次へと出てとまらないとき、暑さを誇張して使う表現になります。カジュアルな言い方なので、家族や友達の間でよく使われます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~断りの表現~

Not on your life. は、相手の提案を否定したり、依頼を断るときに使うフレーズですが、
英語には似たような意味合いの表現がいくつかあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Make yourself at home~

直訳では、「あなた自身を自分の家にいるような状態にして」つまり、「自分の家みたいにくつろいでね」という意味になります。日本ではいくらくつろぐと言っても、自分の家にいるように振る舞う、まではなかなかできませんが、アメリカでは、好きにテレビをつけたり、お代わりをキッチンに勝手にとりに行ったりと文字通り自分の家のようにしてOKです。もてなす側の「仲のいい人には、家族のように振る舞って欲しい」という気持ちの表れになります。似ている表現にHelp yourself to …で食べ物などについて「好きに食べたり飲んだりしてね」という意味になります。