コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~環境問題に関する表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~環境問題に関する表現~

2021-06-07 | 英会話のコツ

Efforts to deal with environmental problems have been increasing recently.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
関心はあるんだけど、何から始めたらいいかな
Let’s think about how we could help the environment.
宣教師
宣教師

環境への取り組み

大雨(heavy rain)や火山噴火(volcanic eruption)など、自然災害(natural disasters)に関するニュースを

よく目にするようになりました。なかでも二酸化炭素(carbon dioxide)は地球温暖化(global warming problem)へ

多大な影響を及ぼす温室効果ガス(greenhouse gas)だと言われています。

そのため、世界各国で脱炭素化(decarbonization)を目指した取り組みが進められています。

A: For the sake of the global environment, I’m considering purchasing an electric vehicle.
 地球環境のことを考えて、電気自動車の購入を検討しているんだ。

B:I switched to commuting by bike. I’m also careful about setting the temperature of the air conditioner.
 僕は自転車通勤に切り替えたよ。エアコンの設定温度も気をつけてるかな。

動物たちへの影響

A: I heard that the number of endangered species ison the rise due to the effects of climate change.
 気候変動の影響で、絶滅危惧種が増えてるんだって。

B: I try not to buy petroleum-derived products to prevent environmental damage.
 環境破壊を防ぐために、石油由来の製品は買わないようにしているよ。

リキ
リキ
地球環境のために、自分にもできることがあるような気がする
We should start from the things we can already do now.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
そうだね。すべての生き物と、ずっと平和に暮らしたいね

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブ/ネガティブ~

ネイティブがpositive/negativeを使う場面は性格や思考のことではなく、検査結果が陰性/陽性という場合や、「間違いない」とい自信を持って伝えたい状況の場合です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~誤用しがちなカタカナ英語~

日本語はさまざまな言語から影響を受けており、新しい言語を取り込み、日々新たな言葉が生まれています。そのため、カタカナで表記されているからといって、一概に英語由来の言葉とは言えないものや、日本語として活用されるうちに本来の意味を失ってしまっているものも。今回はそんな誤用しがちなカタカナ英語についてチェックしてみましょう。

日本人が知っておくと便利な英語表現~前置詞を使った日常フレーズ~

日常会話では、前置詞を活用することにより、シンプルな単語でコミュニケーションすることが可能です。早速見てみましょう。

冠詞によって意味が変わる英語表現~SeaとThe Seaの違い~

英単語の中には冠詞が変わることで意味が変わるものがあります。代表的なものを見てみましょう。