コラム

HOME » 日本人が間違いやすい英語表現~Go outside/ Step outside~

日本人が間違いやすい英語表現~Go outside/ Step outside~

2019-11-18 | 英会話のコツ

What’s happened, Yuki? You don’t look very happy.
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
そうね、話したいことがあったの。Do you want to step outside?
I don’t want to fight with you. Let’s calm down.
宣教師
宣教師

goとstepでは大違い!

ちょっと落ち込むことがあってシスターに相談しようと思ったユキ。

「外に出ない?」と伝えたつもりが、なぜかシスターから返ってきたのは「あなたとケンカしたくない」という言葉。

一体なぜでしょうか?

“Do you want to step outside?”

“Oh, yeah?”

この会話の意味は「外に出ない?」→「いいんじゃない?」だと思った人もいるかもしれませんが、

実は「表に出ろよ」→「望むところだ」というやりとりになります。

Do you want to step outside?は「外に出ない?」「外に行かない?」という意味ではなく、

「外に出て決着をつけよう」と相手にケンカを吹っ掛ける言葉。

だからシスターは、I don’t want to fight with you. Let’s calm down.

「あなたとケンカしたくない、落ち着きましょう」とユキに返事をしたわけです。

「外に出ない?」は、stepをgoに代えてDo you want to go outside? が正しい表現。

たったひと言間違えるだけで意味が大きく変わってしまうので注意しましょう!

もし誰かにDo you want to step outside?と言われて、自分にそのつもりがないことを伝える場合は

No, I don’t.(いいえ、その気はありません)

I don’t want to fight.(ケンカはしたくありません)

などのフレーズを使って意思表示しましょう。

また、気が立っている相手を落ち着かせたり、相手と仲直りしたい時に使える表現としては

Let’s calm down. (落ち着きましょう)

I want to make up with you.(仲直りしたいです)

We should stop arguing.(言い争いはやめるべきです)

Let’s be friends again.(また仲良くしましょう)

などがあります。

ユキ
ユキ
なるほど、それでケンカと勘違いさせちゃったのね
本気じゃなくてよかったわ。結局、何で落ち込んでたの?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
勉強してたら忘れちゃった! ありがとう!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブ/ネガティブ~

ネイティブがpositive/negativeを使う場面は性格や思考のことではなく、検査結果が陰性/陽性という場合や、「間違いない」とい自信を持って伝えたい状況の場合です。