コラム

HOME » 日本人のための基礎英語~ , (カンマ)の使い方~

日本人のための基礎英語~ , (カンマ)の使い方~

2019-10-27 | 英会話のコツ

リキ
リキ
英文の書き方について質問があるんだけど
Sure! 何が聞きたいの?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
カンマの使い方が合ってるかチェックしてほしいんだ

カンマの正しい使い方は?

英文を書いているリキですが、どうやらカンマを使った語句のつなぎ方で困っている様子。

リキがエルダーに見せたのは次のような文章でした。

I like watching soccer, baseball, golf, tennis.

(私はサッカー、野球、ゴルフ、テニスを見るのが好きです)

一見問題ないように見えるこの文章ですが、エルダーは文章を以下のように修正しました。

I like watching soccer, baseball, golf and tennis.

英語には、3つ以上の語句を列挙する場合、原則として最後の語句の前にはカンマではなくandを置くというルールがあります。

この文章の場合は4つの語句が並んでいるため、A, B, C and Dとなるのです。

3つの場合はA, B and C、2つの場合はカンマを用いずにA and Bとなります。

また、書き方のスタイルによっては

A, B, C, and D

A, B, and C

のように、andの前の語句の後ろにカンマを入れることもあります。

また、カンマではなくコロン(:)を使う場合は、以下のように列挙することも可能ですので合わせて覚えておきましょう。

I like watching the following sports: soccer, baseball, golf and tennis.

(私は次のスポーツを見るのが好きです、サッカー、野球、ゴルフ、テニス。)

こんな感じだよ。Did you get it?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Yeah, thank you so much!
No problem! いつでも質問してね
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~Don’t get me started.~

get someone started で「〜をはじめさせる」という意味で、ここでは「おしゃべり」のこと。「私におしゃべりをはじめさせないで」が直訳ですが、つまり「話し出すとキリがないよ」「覚悟してね」のようなニュアンスで、自分がたくさん話したい時に使います。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Bundle up~

bundle はあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、ネイティブが冬によく使う言葉のひとつです。bundle は「包む」「まとめる」という意味で、複数のものやバラバラのものを「束ねる」というニュアンスがあります。bundle upは「衣類をたくさん着込む」つまり、重ね着して暖かくするという意味の表現です。寒い中出かける人に対して、bundle up!といって、送り出す時にもよく使われます。keep warmやstay warmをともなって、 Bundle up and keep warm!(着込んで暖かくしてね!)のようにセットで使うこともよくあります。

日本人のための基礎英語表現~snug as a bug in a rug~

snug as a bug in a rug は英語特有の比喩的な表現。snugは「居心地がよい、くつろげる」、a bug in a rugは「じゅうたんの中の虫」という意味です。直訳すると「じゅうたんの中の虫のように居心地がよい」となり、そこから「ゆったりくつろいで、ぬくぬくと居心地よく」という意味合いのイディオムになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~初対面の挨拶~

今回は、ビジネスシーンで役立つ基本のあいさつをご紹介します。いくつかのパターンを押さえておけば、初対面の相手との会話の糸口がつかめます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~「賛成」の表現~

couldn’t はcould not の省略なので、「否定形」だから、「賛成しない」って意味かな?と思ってしまうかもしれませんが、これば「大賛成」と相手の発言に賛成の気持ちを表すときの表現なんです。