コラム

HOME » 日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

2019-06-03 | 英会話のコツ

Hi! How’s it going?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
I’m great! そうだ、今日は聞きたいことがあるの。会話が途切れたときに使える雑談があったら教えてほしいんだけど
OK!
じゃあ、さっそく今日のレッスンを始めましょう
宣教師
宣教師

困ったときに役立つスモールトーク~天気編~

初対面やあまり親しくない相手との会話は、共通の話題がないため沈黙することもしばしば。

そこで役に立つのが「スモールトーク(雑談、世間話)」です。

「いい天気だね」

「今朝のニュース見た?」

「今日は学校どうだった?」

日本では、家族や友人、同僚とこのような会話を交わすことはあっても、見ず知らずの人に話しかける習慣はほとんどありません。

でもアメリカではバスを待っているときやレジに並んでいるとき、たまたま隣に居合わせた人と何気ない会話をするのはごくあたりまえのことなのです。

スモールトークが役立つのは日常生活だけではありません。

ビジネスシーンにおいても、いきなり本題に入るのではなく、他愛ない世間話をしてから話し合いを始めるケースがほとんどです。

シーンを選ばず、どこでも、誰に対しても使うことができる「天気」の話題はスモールトーク初心者にうってつけ。

さっそくフレーズを確認しましょう!

天気の雑談例

Nice weather, isn’t it?

(いい天気ですね)

It’s really windy today.

(今日はとても風が強いです)

It’s nice and warm today.

(今日はちょうどいい暖かさです)

I hate this humidity.

(むしむしして嫌です)

The rainy season is almost here.

(そろそろ梅雨入りです)

The rainy season is almost over.

(そろそろ梅雨明けです)

It sure rained a lot last night.

(昨夜はずいぶん雨が降ったようです )

It’s starting to cool down.

(だいぶ涼しくなりました)

It’s looking like autumn.

(だいぶ秋らしくなりました)

It’s kind of chilly today.

(今日は肌寒いです)

It’s a little cold at night and in the mornings.

(朝晩は冷え込みます)

How was today’s lesson?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
天気の話題で雑談するのは、英語圏も同じなんだね!
Exactly! スモールトークは人と上手くコミュニケーションを取るための第一歩。

最初話しかけるときには勇気がいるかもしれないけど、天気の話題は使い勝手がいいのでぜひ試してみてね

宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~heads-upを使った表現~

heads と up で「頭を上げる」に思えるかもしれませんが、実は heads-up は「注意」という意味の名詞です。Heads up! で「危ない、気をつけて」と、頭の上に落ちてくる物への注意を促すフレーズになるのですが、名詞の heads-up は落下物に限らず、状況報告や予定変更などいろいろな情報に用いることができます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~beatを使ったイディオム~

beat は「拍子、リズム、鼓動」などの意味を持ちます。never miss a beat は直訳すると「リズムを外さない」ということですが、そこから転じて「そつなくこなす」という意味合いになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~困っている人に声をかける~

悩んでいる友人に What’s the matter?(どうしたの?)と声をかけるシーンがアメリカ映画などによくありますが、これは相手の様子がいつも異なるときに、身の上を心配して何があったのかをたずねるフレーズ。

日本人が知っておくと便利な英語表現~bottom lineって何?~

bottom line とは、会社の決算表の一番下に表示される集計結果、つまり「最終損益」のことを言います。one’s bottom line の形でどの会社の収支であるかを示し、
It seems our bottom line won’t be affected by the new climate regulations.
(わが社の最終損益は新しい環境規制の影響を受けないようだ)
といったような使い方をします。
one’s の代わりに定冠詞を付けて the bottom line とすると、「最終決定」や「結論」、あるいは話の「要点」などを表します。

日本人が間違いやすい英語表現~”Time”と “The Time”の違い~

Do you have time? なら「お時間はありますか?」ですが、Do you have the time? だと「何時ですか?」と時刻をたずねる質問になるように、定冠詞の the が付いているか否かで、意味がガラリと変わる名詞があります。