コラム

HOME » 日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

2019-06-03 | 英会話のコツ

Hi! How’s it going?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
I’m great! そうだ、今日は聞きたいことがあるの。会話が途切れたときに使える雑談があったら教えてほしいんだけど
OK!
じゃあ、さっそく今日のレッスンを始めましょう
宣教師
宣教師

困ったときに役立つスモールトーク~天気編~

初対面やあまり親しくない相手との会話は、共通の話題がないため沈黙することもしばしば。

そこで役に立つのが「スモールトーク(雑談、世間話)」です。

「いい天気だね」

「今朝のニュース見た?」

「今日は学校どうだった?」

日本では、家族や友人、同僚とこのような会話を交わすことはあっても、見ず知らずの人に話しかける習慣はほとんどありません。

でもアメリカではバスを待っているときやレジに並んでいるとき、たまたま隣に居合わせた人と何気ない会話をするのはごくあたりまえのことなのです。

スモールトークが役立つのは日常生活だけではありません。

ビジネスシーンにおいても、いきなり本題に入るのではなく、他愛ない世間話をしてから話し合いを始めるケースがほとんどです。

シーンを選ばず、どこでも、誰に対しても使うことができる「天気」の話題はスモールトーク初心者にうってつけ。

さっそくフレーズを確認しましょう!

天気の雑談例

Nice weather, isn’t it?

(いい天気ですね)

It’s really windy today.

(今日はとても風が強いです)

It’s nice and warm today.

(今日はちょうどいい暖かさです)

I hate this humidity.

(むしむしして嫌です)

The rainy season is almost here.

(そろそろ梅雨入りです)

The rainy season is almost over.

(そろそろ梅雨明けです)

It sure rained a lot last night.

(昨夜はずいぶん雨が降ったようです )

It’s starting to cool down.

(だいぶ涼しくなりました)

It’s looking like autumn.

(だいぶ秋らしくなりました)

It’s kind of chilly today.

(今日は肌寒いです)

It’s a little cold at night and in the mornings.

(朝晩は冷え込みます)

How was today’s lesson?
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
天気の話題で雑談するのは、英語圏も同じなんだね!
Exactly! スモールトークは人と上手くコミュニケーションを取るための第一歩。

最初話しかけるときには勇気がいるかもしれないけど、天気の話題は使い勝手がいいのでぜひ試してみてね

宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~just in case 「念の為」~

just in case は「念の為」「万が一に備えて」という意味で、何か好ましくないことが起こるといけないので、用心して〜しておこう、という時に使うフレーズになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~a silver spoon~

一見「銀のスプーンをくわえて生まれる」のような意味に思えますが、これは実は生まれながらにしてお金持ち、裕福な家庭に生まれる、という意味で使われるフレーズです。silver spoon には「銀のスプーン」以外にも「富」という意味があり、まさに財産の象徴となる言葉になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~have a ball~

ball は「球」「ボール」以外にも「楽しい時間」という意味があります。なので、Did you have a ball? は、パーティやデートなどの楽しげなイベントごとに関して、相手が楽しんだかどうかを尋ねるフレーズになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~just around the corner~

corner は「角」などで、around the corner で「角を曲がったところに」という意味になります。道案内などで just around the corner といえば、「角を曲がればすぐ」もしくは「すぐそこ」と言うニュアンスで使われます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Let it slide~

slideは動詞で「滑る」「滑らせる」などという意味で、Let it slide.で「それを滑らせちゃおう」→「受け流そう」→「忘れてしまおう」のようなニュアンスで使われています。