コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~健診でよく使う表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~健診でよく使う表現~

2021-05-24 | 英会話のコツ

リキ
リキ
健康診断の結果が悪かったんだ
Which result was bad?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
体重…。ダイエットでも始めようかな

健診にまつわる表現

外出自粛やテレワークなどの影響で慢性的な運動不足となり、健康診断の結果に驚く方が多いと聞きます。

今回はmeasure one’s height(身長を測る)、blood test(血液検査)、eyesight check, vision check(視力検査)など、

健診にまつわる表現をご紹介します。

案内

A: These are the instructions for your annual health check.
 健康診断の案内です。

B: Should I book a day that suits me?
 都合のいい日を、自分で予約したらいいんですよね?

クリニックにて

A:Please move on to the X‐ray examination next.
 次はレントゲン検査を受けてください。]

B: Will I see the doctor after this test?
 このあとは問診でしょうか?

問診

日本ではよく耳にするメタボリックシンドローム(metabolic syndrome)という表現ですが、

実は英語ではあまり一般的ではありません。単純に「太りぎみ」のニュアンスが伝わる単語をチョイスしましょう。

A:As you are slightly overweight, please improve your lifestyle.
 少々メタボ気味なので生活習慣を改善してください。

B: I knew it. I have gained about 10 kg in the last year, after all.
 確かに。ここ1年で10キロほど体重が増えてしまいました。

It’s important to monitor yourself every day when you’re trying to improve your health.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
これからは、規則正しい生活を送るようにしてみるよ
That’s right. Try starting with sleeping early and waking up early!
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~体調不良~

病気や体調不良を表現する際はsickやillを使いますが、そのニュアンスは大きく異なります。sickは「少々気分が悪い」程度の「体調不良」をあらわし、illは長期の重い病気を意味します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブ/ネガティブ~

ネイティブがpositive/negativeを使う場面は性格や思考のことではなく、検査結果が陰性/陽性という場合や、「間違いない」とい自信を持って伝えたい状況の場合です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~誤用しがちなカタカナ英語~

日本語はさまざまな言語から影響を受けており、新しい言語を取り込み、日々新たな言葉が生まれています。そのため、カタカナで表記されているからといって、一概に英語由来の言葉とは言えないものや、日本語として活用されるうちに本来の意味を失ってしまっているものも。今回はそんな誤用しがちなカタカナ英語についてチェックしてみましょう。

日本人が知っておくと便利な英語表現~前置詞を使った日常フレーズ~

日常会話では、前置詞を活用することにより、シンプルな単語でコミュニケーションすることが可能です。早速見てみましょう。

冠詞によって意味が変わる英語表現~SeaとThe Seaの違い~

英単語の中には冠詞が変わることで意味が変わるものがあります。代表的なものを見てみましょう。