コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~期間や数字に関する表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~期間や数字に関する表現~

2021-07-19 | 英会話のコツ

リキ
リキ
今年は周期ゼミの大発生がアメリカで話題だったよね
You’re talking about the cicadas that appear in huge numbers at regular intervals.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
素数ゼミって言われたりするんだよね。英語でどういうのかな

期間や数字に関する表現

今年アメリカでは、一定期間ごとに出現する「周期ゼミ」periodical cicadaが大量発生しました。

periodicalは「周期的な、定期的な」という意味で、新聞や雑誌などの「定期刊行物」のことを

periodical publicationと言うことも。

この「周期ゼミ」が発生するのが13年や17年といった素数(1とその数でしか割り切れない数)であることも注目を集めました。

「素数」はprime numberと言います。「偶数」even number、「奇数」odd numberなど、

数字に関するその他の表現とあわせて覚えておきましょう。

会話例

A: Did you know that there’s been an outbreak of trillions of prime cicadas in the United States?
 アメリカで、数兆匹ものセミが大発生したのを知っている?

B: They appear each prime number year. I heard that the chirping is as loud as a heavy metal band’s concert.
 素数の年ごとに登場するんだよね。鳴き声がヘビメタバンドのコンサート並みにうるさいって聞いたわ。

A: I heard that new products such as chocolate using periodical cicadas and ice cream with cicadas are on sale.
 周期ゼミを使ったチョコや、セミ入りアイスクリームなどの新商品が発売されているみたい。

B: I guess it’s a great opportunity to spread “entomophagy.”
 確かに「昆虫食」を広める絶好のチャンスね。

It seems that pizza topped with cicadas is also available.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
わー!食べてみたいような食べたくないような…
I don’t want to try them until the next outbreak.
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~mustの使い方~

今回はmustのさまざまな使い方を学んでみましょう。mustと言えば「~しなければならない」といった義務を表すため、どうしてもかたいイメージになりがちです。しかし、実は普段のちょっとした場面でも、mustはとても便利に使うことができるのです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~confidentの使い方~

confidentは「自信にあふれた」を意味する形容詞です。名詞形 confidence には、「自信」のほかに「信頼」の意味もあります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~ポジティブなcouldn’t~

couldn’tは「できなかった」という否定の言い方なので、よくないイメージがあるかもしれません。しかし実際には、大変ポジティブな意味合いで用いられることもあります。

複数の意味を持つ英語表現~wipe out~

動詞 wipe は「拭く、ぬぐう」という意味。wipe one’s hands on a clean towel「清潔なタオルで手を拭く」のように、布などを用いて水分や汚れをぬぐい去るときに使える単語です。しかし、副詞out を付けて wipe out とすると、「(人を)疲れ果てさせる」という意味が生じます。

日本人が知っておくと便利な英語表現~待ち合わせ~

ある場所への到着時刻を英語で伝えたい場合、たとえば昼食の約束があるなどして「正午にレストランに行かないと!」と言いたいときに、つい日本語の発想で I need to go to the restaurant at noon. と表現してしまうかもしれません。しかし、それではレストランに着く時刻ではなく、レストランに向かって出発する時刻を述べていることになります。