コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~期間や数字に関する表現~

日本人が知っておくと便利な英語表現~期間や数字に関する表現~

2021-07-19 | 英会話のコツ

リキ
リキ
今年は周期ゼミの大発生がアメリカで話題だったよね
You’re talking about the cicadas that appear in huge numbers at regular intervals.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
素数ゼミって言われたりするんだよね。英語でどういうのかな

期間や数字に関する表現

今年アメリカでは、一定期間ごとに出現する「周期ゼミ」periodical cicadaが大量発生しました。

periodicalは「周期的な、定期的な」という意味で、新聞や雑誌などの「定期刊行物」のことを

periodical publicationと言うことも。

この「周期ゼミ」が発生するのが13年や17年といった素数(1とその数でしか割り切れない数)であることも注目を集めました。

「素数」はprime numberと言います。「偶数」even number、「奇数」odd numberなど、

数字に関するその他の表現とあわせて覚えておきましょう。

会話例

A: Did you know that there’s been an outbreak of trillions of prime cicadas in the United States?
 アメリカで、数兆匹ものセミが大発生したのを知っている?

B: They appear each prime number year. I heard that the chirping is as loud as a heavy metal band’s concert.
 素数の年ごとに登場するんだよね。鳴き声がヘビメタバンドのコンサート並みにうるさいって聞いたわ。

A: I heard that new products such as chocolate using periodical cicadas and ice cream with cicadas are on sale.
 周期ゼミを使ったチョコや、セミ入りアイスクリームなどの新商品が発売されているみたい。

B: I guess it’s a great opportunity to spread “entomophagy.”
 確かに「昆虫食」を広める絶好のチャンスね。

It seems that pizza topped with cicadas is also available.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
わー!食べてみたいような食べたくないような…
I don’t want to try them until the next outbreak.
宣教師
宣教師

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~boiling hot~

boilは「沸騰する」という意味で、boiled eggで「ゆで卵」のことです。夏のうだるような暑さを表すときは、このboilを使って、boiling hotと言います。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I could eat a horse!~

実は英語には馬を使った表現がたくさんあります。中でもよく使うものをご紹介します。

日本人が知っておくと便利な英語表現~A little bird told me~

会話では、ちょっとした噂話などはよくネタになりますよね。ただ、「誰々が言っていたよ」と言ってしまうと、かどが立つこともありますよね。また、誰に聞いたかよく覚えていないということもありますよね。そんな時に便利なのが、a little bird told me…、という表現です。

日本人が知っておくと便利な英語表現~I’m all tied up~

tie は necktie(ネクタイ)や tie one’s shoe(靴の紐を結ぶ)といった表現などからもわかる通り「結ぶ」という意味です。I’m all tied up now.は「今は全て縛られている」つまり、「忙しくて手一杯」「手が離れません」などというニュアンスになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Stay out of trouble~

stay out of …で「〜に関わらない」「〜を避ける」という意味で、Stay out of it.で「口出ししないで」「首をつっこまないで」のような意味になります。
Stay out of trouble. では「トラブルを避けてね」が直訳になりますが、つまり、誰かが出かける際に「トラブルに巻き込まれないように、気をつけて行ってきてね」という気持ちを込めて送り出すひと言になります。