コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~Give it a shot~

日本人が知っておくと便利な英語表現~Give it a shot~

2023-01-06 | 英会話のコツ

日本人が知っておくと便利な英語表現~Give it a shot~

リキ
リキ
スキーに誘われたけど、一度もしたことがないんだ。。
It’s fun! You should give it a shot.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
shotって「撃つ」ってことだよね?

give it a shot

リキが思った通り、shotは「発砲」「発射」などという意味ですが、実は「試み」という意味もあります。なので、give a shotで「試しにやってみる」「挑戦してみる」などという意味として使われています。躊躇している相手に「試してごらんよ」と背中を押すようなひと言になります。shotの代わりにtryでもOKです。また、Give it your best shot.「精一杯やってみなよ」のようにbest を入れるとさらに強調された言い方になります。

A: I’ve never tried raw fish.
(生の魚は食べたことないんです)

B: How about giving it a shot? The sashimi here is fresh and delicious!
(試してみたら?ここのお刺身は新鮮で美味しいよ!)

Not by a long shot

もう一つshotを使った表現を紹介します。 by a long shotは「はるかに」「断然」という意味のイディオムですが、会話では主に否定を用いて、「絶対に〜」という意味で使われます。自分が「あり得ない」と思うことを表現するときに使うフレーズになります。

A: Do you think your piano recital will go well?
(ピアノの発表会はうまく行きそう?)

B:Not by a long shot. I haven’t been able to practice at all.
(それは無理だな。全然練習できなかったんだ。)

”Give it a shot” means to have a go at doing something.
宣教師
宣教師
リキ
リキ
なるほど、そうだよね、チャレンジしてみようかな?
うん!バッチリ教えるからね!Great! I’ll teach you well!
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

「30分後に」って英語でなんて言うの?

「30分後に」は英語で一番簡単な言い方だとin 30 minutesですが、英語ではin half an hourという言い方もあります。

1時間の半分=30分なので、わかりやすいですね。half-timeはサッカーなどの「ハーフタイム」のことです。

日本人が知っておくと便利な英語表現~out of the blue~

out of the blueは何かが突然予期せずに起こることを表すフレーズになります。例えば、何年も音信不通だった友人から突然連絡が来た、などのように、前触れや警告なしに、予測できないタイミングや状況で何かが起こることを表します。
また、突然の出来事や意外な展開に対しても、Out of the blue, he said that he’s changing jobs.」(突然彼が転職するといった)というように使われます。
日本語でいう、「晴天の霹靂」に近い表現ですね。

日本人のための基礎英語~「雨男」「雨女」を英語で言うと?

「雨男」「雨女」を英語で言うと?さっきまで晴れ渡っていたのに、その人が表れたとたんに雨が降り出した…そんな場面に遭遇したことはありませんか?

日本人が知っておくと便利な英語表現~Make yourself at home~

直訳では、「あなた自身を自分の家にいるような状態にして」つまり、「自分の家みたいにくつろいでね」という意味になります。日本ではいくらくつろぐと言っても、自分の家にいるように振る舞う、まではなかなかできませんが、アメリカでは、好きにテレビをつけたり、お代わりをキッチンに勝手にとりに行ったりと文字通り自分の家のようにしてOKです。もてなす側の「仲のいい人には、家族のように振る舞って欲しい」という気持ちの表れになります。似ている表現にHelp yourself to …で食べ物などについて「好きに食べたり飲んだりしてね」という意味になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~Let it slide~

slideは動詞で「滑る」「滑らせる」などという意味で、Let it slide.で「それを滑らせちゃおう」→「受け流そう」→「忘れてしまおう」のようなニュアンスで使われています。