コラム

HOME » 日本人が知っておくと便利な英語表現~Take your time~

日本人が知っておくと便利な英語表現~Take your time~

2022-12-02 | 英会話のコツ

ユキ
ユキ
ワッフルとパンケーキどっちがいいか迷っちゃうな〜。
Take your time!
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
あなたの時間?ってどういうことかな?

Take your time.

「あなたの時間を取って」が直訳ですが、take one’s timeで「時間を好きなだけかけてマイペースにやる」という意味のイディオムになります。

Take your time.は何かに迷っている相手や、ちょっと焦っている人に対して「ゆっくりやっていいですよ」「慌てないでね」という意味で使う、思いやりのひと言になります。

No rush. やNo need to hurry.なども「急ぐ必要はないよ」という意味になります。

A: Sorry! I’ll head over there once I’ve finished up my work, so I’ll be a little late!
(ごめん!ちょっと仕事片付けてから行くから、少し遅れます!)

B: Take your time! I’ll wait for you in the cafe.
(ごゆっくり!カフェでも入って待ってるね)

What’s your take?

今回は、take を使った別のフレーズを紹介いたします。take は動詞では先に紹介したフレーズのように「取る」という意味ですが、名詞では「見解」「考え方」「捉え方」という意味もあります。

なので、誰かに意見を求めるときに、What your take (on…)?という言い方をします。あなたはどんなふうに考える?という意味です。

単体でも、What your take on this story?(この話しどう思う?)のようにも使います。

A: It looks like Mike is going to take responsibility and quit.
(結局マイクが責任取って辞めるみたいだね)

B:What’s your take? I don’t think Mike is the one in the wrong.
(あなたはどう思う?マイクは悪くないと思う)

Take your time.” means to do something leisurely.
宣教師
宣教師
ユキ
ユキ
わかったわ。それにしても迷っちゃうから、あなたが決めて!
OK! If you really can’t decide then let’s order both!
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が知っておくと便利な英語表現~Just between you and me.~

Just between you and me. は直訳だと「わたしとあなたの間だけ」という意味ですが、「ここだけの話」「内緒だよ」というニュアンスで、話し相手以外には教えたくない話をするときの言い回しになります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~In your corner~

“in your corner”は、ボクシングなどの試合で、リングのコーナーにいる、セコンドなどが選手の味方であり、大きな支えであることから派生したフレーズになります。このフレーズは、友人や家族、といった信頼できる関係にある人が困難に直面しているときや何かに挑戦しようとしているときに励ましやサポートを表現するために使われます。相手の側にいて、彼らを助けるという意志を示す心強い表現です。

アメリカにも「迷信」ってあるの?

実は、アメリカにはTo open an umbrella in the house will bring bad luck.

(家の中で傘を開くと不運を招く)という迷信があるのです。

日本人が間違いやすい英語表現~「痩せている」ってなんて言うの?~

slimは、This new phone is really slim.(この新しい電話はとても薄いんだ)のように、モノに対して使うこともできます。

ほかに、slenderやleanという言葉もスリムな体型の人に対して使われます。

日本人のための基礎英語~kick back ってどんな意味?~

kick back ってどんな意味?「キックバック」と聞いて、どうやらユキは「割戻金、リベート」を連想したようです。確かにkickbackという名詞はそのような意味があり、動詞のkickを使ったkick backというイディオムにも「リベートとして払う」という意味があります。
ところが、それとは別にkick backというイディオムには「くつろぐ」「休憩する」という意味もあるのです。