コラム

HOME » Twist someone’s armってどんな意味?

Twist someone’s armってどんな意味?

2019-04-22 | 英会話のコツ

Hi! 今日はずいぶん眠そうだね
宣教師
宣教師
リキ
リキ
Hi! きのうは夜遅くまで映画を見てたんだ。
そういえば、映画の中にI didn’t want to play soccer, but the coach twisted my arm.っていうセリフが出てきたんだけど、
このtwisted my armはどういう意味?
OK! じゃあ、さっそく説明しよう
宣教師
宣教師

「腕をねじる」~体の部位を使った表現~

I didn’t want to play soccer, but the coach twisted my arm.

リキが見た映画に出てきたフレーズに使われているtwist someone’s armとは一体どんな意味でしょうか?

twistは「ねじる」、armは「腕」という意味なので、直訳は「人の腕をねじる」となります。

もちろんこのままの意味で使うこともありますが、この動作が「相手の腕をねじ上げ、痛い目に合わせる」という行為を表すことから、

転じて「(相手に)無理強いする、圧力をかける、強制する」というイディオムとして用いられます。

そのため、I didn’t want to play soccer, but the coach twisted my arm.は

「サッカーはやりたくなかったけど、コーチに無理やりやらされたんだ」という意味の表現になるのです。

会話例1

A: Wow, you really did a good job cleaning your room!

(わあ、がんばって部屋を掃除したんだね!)

B: I didn’t want to, but my mom twisted my arm.

(やりたくなかったけど、母親に無理やりやらされたよ)

会話例2

A: Why did you try out for the basketball team?

(どうしてバスケットボールチームの入団テストを受けたの?)

B: The coach twisted my arm until I gave in.

(僕が応じるまでコーチが強制したんだよ)

会話例3

A: It was nice of you to take your little sister to the park.

(妹を公園に連れて行くなんてやさしいね)

B: Ah, well she twisted my arm.

(ああ、妹に無理やり行かされたんだよ)

今日のフレーズの意味はわかったかな?
宣教師
宣教師
リキ
リキ
うん! 映画のフレーズは難しいイメージだったけど、このフレーズは日常生活でも使えそうだ
All right! ほかにも体の部位を使った英語表現はたくさんあるから、また今度教えるね
宣教師
宣教師

GOEIGOでなら無料で英語を学ぶことができます!

関連投稿

日本人が間違いやすい英語表現~「meet」と「see」の違い~

実は、同じ「会う」でも、meetには「初めて会う」、seeには「再会する」というニュアンスが隠されています。

そのため、シスターはWhen did you meet Riki?を「最初にリキに会ったのはいつ?」という意味でとらえました。

日常英会話で話題に困ったときに使える「雑談」の例 ~天気編~

スモールトークが役立つのは日常生活だけではありません。

ビジネスシーンにおいても、いきなり本題に入るのではなく、他愛ない世間話をしてから話し合いを始めるケースがほとんどです。

日本人のための基礎英語表現~I have a lot of baggage~

have a lot of baggageは「悩みが多い」という決まり文句でもあります。この場合、baggageという単語の意味は「精神的な重荷、悩み」になります。

日本人が知っておくと便利な英語表現~バイクと自転車~

日本語で「バイク」というと「オートバイ」のことを指しますが、英語の bike は、一般的に「自転車」という意味になります。オートバイを表すこともありますが、自転車を指すことの方が多いです。おそらく、学校の授業では「自転車」=bicycle と習ったはずですが、口語表現では bike という単語が非常によく使われます。